純理部会日記2017年7月28日(金)

カントの計算概念、およびカテゴリーに関してのスコラ哲学者たちへの批判について

参加者 O、K、わたし

 

pp.149~161

 

第三節 純粋悟性概念即ちカテゴリーについて

 

この節は総合の説明に始まり、構想力の導入、カテゴリー表の導入、アリストテレスのカテゴリー論への批判など、重要な部分が多いところであるが、我々の議論が紛糾したのは2か所だった。

 

まず、p.151で行われる純粋総合の部分。以下、少し長く引用する。

 

ところで、一般的に表象された純粋総合は、純粋悟性概念を与える。しかし私はこの純粋総合を、ア・プリオリな総合的統一を基礎とする総合と解する。すると我々の行う計算は(とくにこれは比較的大きな数だといっそう顕著である)概念による総合である。計算は統一の共通の基礎(例えば十進法)によって行われるからである。それだから多様なものの総合における統一は、総合という概念によって必然的になるのである。

 

計算を例にとって、順番に分析していこう。計算はア・プリオリな総合的統一を基礎とする。数というア・プリオリな概念を十進法という共通の基礎を用いて行う……とあるが、ここで立ち止まってよく考える必要がある。計算はア・プリオリな総合的統一を「基礎」においている。一方で、十進法も統一の共通の「基礎」である。ここで使われている言葉が同じであるために、するりと読んでしまうところであるが、気をつけて読むと、十進法は「統一の基礎」なのである。つまり、まず十進法が統一を基礎づけ、そして基礎づけられた統一がさらに計算を基礎づけるという、いわば2段階の基礎づけとなっているのである。では、計算と十進法の間にあるものは何であろうか?

ここでわたしが考えたのは、「整数環」である。すなわち、まず十進法が数と数の関係を基礎づける(ここは無論、何進法でも良い)。そして、これに合わせるかたちで整数環が構成される。これによって、純粋総合すなわち計算が可能となるのである。

カントの時代に環論そのものでなくとも、環論的な発想があったかどうかわからないし、そもそもこの部分の読みとりが妥当であるのかどうかも不明であるが、とりあえずわれわれの合意はこのあたりで形成された。

 

 

続いて議論が紛糾したポイントは、pp.159~161にわたる、スコラ哲学者たちへの批判である。

スコラ哲学の命題『およそ実在するところのものは一者、真および善である(quodlibet ens est unum, verum, bonum)』は、カントの挙げたほかにもカテゴリーがあるという主張をするものである。一者(単一性)、真(真理性)および善(完全性)はそれぞれ単一性、数多性、総体性を認識の根底においているにも関わらず、これらの概念をカテゴリーであると主張する。

スコラ哲学者の議論は以下のようになる。第一に、対象の認識には必ず概念の統一(単一性)がある。カントはこれを質的単一性と呼ぶ。第二に、帰結には真理性がある。つまり、一つの与えられた概念から導かれた帰結がより多く真であるほど、その概念の客観的実在性が大きくなる。カントはこれを質的数多性と呼ぶ。最後に、この数多性がその概念以外には当てはまらないという状態がある。カントはこれを質的完全性と呼ぶ。

以上のようにして、スコラ哲学者たちは分量のカテゴリーによって、本来異質的なものを無理やりに結び付けているのだ、とカントは言う。

尻切れトンボになってしまうが、正直この部分はよく理解できなかった。もう一度熟考しなくてはならないと猛省する次第である。